スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter: フォロー 

Twitterの本を読んでいると、
まずは何人かフォローしてみよう!
と書いてあります。


画面下のみつけるという
ボタンを押すと、
色々なアカウントの検索画面になります。

そのなかで、
おすすめのユーザーというところから
探すのが良いとのこと。



鳥のボタンを押せば
フォロー完了。

フォローした人がつぶやくと、
そのツイートが自動的に
ホーム画面に更新されていきます。


僕は早速、橋本大阪市長と
好きな本の著者さんをフォローしました。

スポンサーサイト

twitter:特定の相手にツイート 

(この記事は初ツイートの続きです。
 twitter関連は左のカテゴリー「twitter」からどうぞ。)


特定の相手にツイートしたい場合はどうすればいいのか。



ネットで調べてみたところ、
@+ユーザーIDを頭に打ってから、ツイートすればいいとのこと。


手元の参考書(twitterの基本をご覧ください)を見たところ、
@+ユーザーIDリプライという機能のようです。


リプライというのは返信機能で、
このボタンを押すと、自動的にリプライできます。

twitter3.png

このボタンを押すと、
自動的に自分のツイートの頭に@+ユーザーIDが挿入されます。



リプライ機能は、

他のユーザーのツイートへの返信である
・送信者と受信者の双方をフォローしている人にしか見えない
・相手が自分をフォローしている必要はない



こんなところでしょうか?
(間違っていたらご指摘ください!)



なかなか使い勝手がわかりませんが、
少しずつでもうまく使えるようになればいいかなと思います。


初ツイート 

(この記事はtwitterの基本の続きです。
 twitter関連は左のカテゴリー「twitter」からどうぞ。)



twitterで発言することをツイートというそうです。


よく「つぶやく」と聞きますが、同じ意味ですよね…。



さっそく初ツイートをしてみました。


twitter2-1.png

(一応、名前とアカウントは隠しています)


ちなみに、まずはiPhoneでtwitterを使っています。

外で使ったりすることが多くなると思うので、
PCではなくiPhoneで慣れておこうと考えました。



つぶやくこと自体には何も難しいことはないようです。

この気軽さがtwitterが流行った理由でしょう。



そういえば、初めてiPhoneの画面キャプチャをしました(笑)

機能の存在自体は知っていましたが、方法は知りませんでした。
まだご存じでない方のために…「四角ボタンを押しながら電源ボタン」です。


あと、iPhoneで撮った写真をそのままツイートすることもできるんですね。




完全にIT弱者ですが、応援よろしくお願いします(笑)


twitterの基本 


(この記事はtwitter初心者 の続きです。
 twitter関連は左のカテゴリー「twitter」からどうぞ。)



twitterを始めるにあたり、こんな本を買いました。

twitter1.jpg



まずはこの本を読んで、
twitterの簡単な仕組みを学びました。

・発言することをツイートという
・1回のツイートは140字まで
フォローした人のツイートがタイムラインに表示される
・自分をフォローしてくれている人をフォロワーという


こんなとこでしょうか。



フォロー、フォロワーにもいろいろルールがあるようで、
よくわからないことが多いですが、
使っていくうちになれるかと思います。





今すぐ使えるかんたんPLUS Twitterツイッター活用大事典今すぐ使えるかんたんPLUS Twitterツイッター活用大事典
(2012/05/26)
リブロワークス

商品詳細を見る

twitter初心者 



『ノマドワーカーという生き方』を読んで、

twitterでの情報発信を始めようと考えました。



今日から何回かに分けて、

僕がtwitterの使い方を学んでいく過程を報告したいと思います。



…というより自分のための記録ですね(笑)




今回は、twitterを始める目的について。



twitterを始める理由は、

・自分の頭で考える訓練
・情報を広く手に入れる
・ブログとの相乗効果

です。



①自分の頭で考える訓練


最近職場での異動があり、

一緒に仕事をしている人はベテランばかり。


なかなか自分から発信することができていないので、

自分なりに考えたことを発信するという訓練に、

twitterを使おうと思います。




②情報を広く手に入れる


興味のある教育分野の情報を広く手に入れる。

他の人の考え方も聞きながら、

将来立ち上げようと思っている教育ビジネスの参考にしたいと思います。




③ブログとの相乗効果


少し前に始めた受験勉強方法のブログを

より多くの人に読んでもらうために、

関連情報をtwitterでも紹介していこうと思います。






ポイントは、こんなに遅れてtwitterを始めるという点(笑)



これからtwitterを始めようという方、

僕よりも遅くtwitterを始めるという方がもしいらっしゃったら、

そういう方々へ参考になればと思います。





ノマドワーカーという生き方ノマドワーカーという生き方
(2012/06/01)
立花 岳志

商品詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。